BENRY[ベンリ―]

法学の予習ノート

強盗罪・詐欺罪の復習

新宿拳銃事件 Xは、強盗殺人の故意でAに対して拳銃を発砲しており、結果発生の具体的危険性が生じていることから、Aに対する強盗殺人未遂罪が成立する。 ※強盗致傷罪も成立するが、法条競合により強盗殺人未遂罪が成立する。 一方、強盗殺人罪の主たる保護法…

窃盗罪・強盗罪の復習

ひったくり 確かにXは有形力の行使をしているようには思えるが、強盗罪の成立には犯行を抑圧する程度の暴行脅迫がある必要があり、本件においてXは、犯行を抑圧してはいないため、単に窃盗罪が成立するにとどまる 一方、その後引きずって抵抗できない状態に…

窃盗罪・強盗罪の復習

ロー生失格 2限の終了時刻は12:10であり、4限の開始時刻は14:50である。 何ら記述がないところから、Aは2限終了後すぐに教室を去り、Xが持ち去ったのは14限がはじまる少し前であると考えられる。 そうであるとすると、Aが判例刑法各論を置き忘れてからX…

名誉毀損、業務妨害の復習

名誉毀損罪 第1審判決の内容に基づいており、「確実な資料、根拠に照らし相当の理由があるとき」にあたるから、230条の2により名誉毀損罪は成立しない。 ただし、Aの刑事裁判の結果における法的事実の認定が、Xの名誉毀損罪の成立について拘束力をもつのか…

監禁・強制わいせつ・住居侵入

監禁罪の成否 AはXの目的に気がついていないことから、監禁されている認識を欠いている。 したがって、現実的自由説であれば、監禁罪は成立しない。 一方、可能的自由説であれば、車の走行によって移動できる可能性が侵害されているため、監禁罪が成立する。…

生命に対する罪の復習

交通事故で妊婦に傷害 出産前であれば、いまだ始期が到来していないため、犯罪は成立しない。 他方、帝王切開した場合は全部露出していて始期が到来している。抽象的法定符号説を転用する判例の立場であれば、過失運転致死罪が成立しうる。 嬰兒の放置 まず…

不法行為(故意)

ネット情報を信じて真実だと思って名誉毀損表現をした場合 そもそも、個人の社会的評価を下げる行為を行っていることについての認識はあり、そのような意味での故意はある。 しかし、真実であると信じて名誉毀損行為を行っていることから、不法行為責任を負…

共犯の復習

被教唆者が刺す相手を間違えた 被教唆者Yは殺人罪の客観的構成要件に該当する行為を行ったが、客観的事実と認識にズレがあるため故意の存否が問題となる。しかし、およそ「人」を殺害しようとしてBという人を殺害している以上、故意も認められ、殺人罪が成立…

共犯の復習

妻を利用した収賄 Yが事情を知らないなどの事情があり、正犯意思がなければ、Xは収賄罪の間接正犯。Yは故意がなく不可罰(身分なきものを利用した間接正犯。)。 Yが事情を知っていて、正犯意思があれば、XとYに収賄罪の共同正犯(60条、197条、Yについて65…

共犯①

拳銃の貸与 拳銃が故障していた以上、幇助犯は成立しないようにも思われる。 しかし、拳銃を貸してもらえなければ犯行に至らなかった場合など、拳銃の貸与が犯罪を促進したような場合には、殺人の幇助犯は成立しうる。 (ただし、本件についてはもともと拳銃…

原因において自由な行為、中止犯

酒癖の悪い人 Xは、既に何度も暴行事件を起こしており、警察からも飲酒を控えるように指導を受けていたことから、自らのその性癖について認識が有り、その性癖がある以上飲酒を抑止又は制限するなど危険の発生を未然に防止するように注意する義務を負ってい…

組合、和解

ゲームソフト開発組合 Aはパソコン及び周辺機器、Bは部屋、Cはプログラミングという労務を、それぞれ出資している。 Cは労務の出資であるが、これも法律上認められる(667条2項)。 それぞれの出資額は、パソコン及び周辺機器については出資時の原価、部屋…

違法性の意識の復習

映倫 映倫管理委員会は、私的団体ではあるが、映画形式による表現の事由を映画業界関係者自らの手によって守るために作られた実質的な規制機関であり、真摯な活動を続けた結果、映画製作者に対して相当な影響力を持った団体となっている。 そうすると、映倫…

委任契約

弁護士に、土地の売買に関する契約締結等を委託した場合 そもそも、土地の売買に関する契約締結は法律行為、であり、納税・登記申請は法律行為ではない。 したがって、前者は委任(643条)となり、後者は準委任(656条)となる。 委任事務を遂行するために受…

請負契約

建物完成後引渡前の滅失 請負人の請負代金請求の可否 請負契約における請負人の義務には、引渡しの義務も含まれていると考えられていることから、引渡しをしていない以上、未だ請負人の債務が履行されたということはできず、代金前払いの特約がないかぎりBは…

過失論の復習

新過失論 制限速度遵守など法令上の注意義務を起訴としつつ具体的な状況に照らし「社会生活上必要な注意」という観点から注意義務(予見義務+結果回避義務)を認定する必要がある。 したがって、園児の飛び出しが予想されるような状況においては、単に規制…

賃貸借3

40年の賃貸借契約の明渡し請求 そもそも、本件は建物所有目的の賃貸借であることから、借地借家法の適用対象となる(借地借家法2条1号)。 本件において、存続期間を40年とする合意がされており、賃貸借契約締結時において、存続期間を40年とする賃貸借契…

錯誤の復習

被害者の近くに人がいた場合 Aに関して Xは殺意をもってAに拳銃を発砲し、意図したとおりAに弾丸が命中して死亡させていることから、Aに対する殺人罪が成立する Bに関して Aの近くにいたBに対して、弾丸が命中する危険性はあったものの、実際には当たってい…

賃貸借2

賃借人が窓ガラスの修繕をしたい場合 賃借人に修繕義務を課す特約がある場合 自分の費用で修繕する 賃借人に修繕義務を課す特約がない場合 ①賃貸人に対して606条の修繕義務を求める ②まず自分の費用で修繕した後、608条1項に基づいて賃貸人に対して必要費償…

責任故意の復習

わいせつ物頒布罪 チャタレー事件(最大判昭32.3.13) ・刑法175条の罪における範囲の成立については問題となる記載の存在の認識とこれを頒布販売することの認識があれば足り、かかる記載のある文書が同条所定の猥褻性を具備するかどうかの認識まで必要とし…

貸借契約

諾成的消費貸借契約? 本件は、諾清的消費貸借契約ではなく、単なる消費貸借契約(578条)であるように思われる(コミットメントライン契約のような要素も見られない)。 そうであるとすれば、要物契約であって、いまだ金銭の交付がされていないことから、借…

同意による違法性阻却に関しての復習

ジャイアンツファン(笑) ゲームの妨害をすることは、管理権者の意思に反する立ち入りであって、「阪神甲子園球場」という人が看守する「建造物」に、「侵入」していることから建造物侵入罪の構成要件に該当し、また、そのことについて真正な同意があったと…

正当防衛の必要性・相当性の復習

酔っぱらいにからまれた事案 かなり微妙な事例。 軽微な侵害に対して、あえて過大な行為を認識して行っており、防衛の意思を否定するという議論を導くのはひっかけか。 ホームに転落させることまでは意図していなかった以上、酔男にからまれる中で、そこから…

贈与

贈与契約を締結し、書面を作成した場合 書面を作成している以上、契約を撤回することはできず、受贈者からの土地明渡請求を拒むことはできない 負担付贈与で、その負担を履行しない場合 弟Dは、店の経営を引き継ぐということを了承した上で贈与を承諾してい…

正当防衛・緊急避難

36条1項の「やむを得ずにした行為」 最判昭44.12.4 「急迫不正の侵害に対する反撃行為が、自己又は他人の権利を防衛する手段として必要最小限度 すなわち、 反撃行為が侵害に対する防衛手段として相当性を有するものであること」 「やむを得ずにした行為」…

正当防衛の復習

最判平9.6.16類似の事例 胸を強く押す行為には、急迫不正の侵害及び防衛の意思を認めることができる。 その後、地面に点灯してしばらく動かなくなっているが、その後立ち上がって攻撃を再開するそぶりを示しているため、いまだその時点では被害者における加…

売買契約、瑕疵担保責任(法定責任説、契約責任説)

数量指示売買の目的物が足りなかった場合 善意の買主は、代金減額請求、解除、損害賠償が可能。 悪意の買主は、代金減額請求が可能?(←565条、563条1項をよむと可能なように見えるが、潮見説は代金減額請求も否定) 中古車の購入後、エンジン不良により通…

阪神電鉄事件

阪神電鉄事件(ひらがな、句読点あり版) 《全 文》 【文献番号】27510360 損害賠償請求事件 昭和六年(お)第二七七一号 同七年十月六日第一民事部判決 【上告人】控訴人 原告 石野重子 外一名 訴訟代理人 日笠豊 【被上告人】被控訴人 被告 阪神電…

違法性阻却

正当防衛と緊急避難 正当防衛の成立要件は、行為無価値論的立場からは、 ①急迫不正の侵害 ②自己又は他人の権利 ③防衛の意思 ④必要性・相当性(やむを得ずにした行為) 緊急避難の成立要件は、行為無価値論的立場からは、 ①現在の危難 ②避難の意思 ③補充性(…

不作為犯、違法性の復習

不作為犯の事例問題 Aがキッチンのガスコンロを転化したままで逃げ出したことは、Xの暴力行為(先行行為)が誘発したものである。 また、部屋にはXしかおらず、X以外に消火することができる者がいなかった以上、結果への支配性が認められ、前述の先行行為(…