BENRY[ベンリ―]

法学の予習ノート

同意による違法性阻却に関しての復習

ジャイアンツファン(笑)

 ゲームの妨害をすることは、管理権者の意思に反する立ち入りであって、「阪神甲子園球場」という人が看守する「建造物」に、「侵入」していることから建造物侵入罪の構成要件に該当し、また、そのことについて真正な同意があったとはいえないことから違法性阻却もされないため、建造物侵入罪が成立する

ゆとり社員乙

 仕事を休む目的であって、それによって直截的に第三者に損害を生じさせるわけでもないから、社会的相当性を欠くということはできず、同意によって違法性が阻却され、傷害罪は成立しない(社会的相当性説)

 同意が存在している以上、保護すべき法益が存在せず、傷害罪は成立しない(法益欠如説)

ゆとり社員死亡パターン

 あくまでも傷害について同意をしていたことから、死の結果を生じさせた行為について違法性が阻却されるわけではない。死の結果を引き起こすような傷害行為自体が、同意に基づくものでなかった以上、傷害致死罪が成立するものと考えられる

※そもそも傷害について同意があった以上、傷害罪が成立せず、傷害罪の結果的加重犯である傷害致死罪も成立しないということも考えうるが…。

物置の所有者の同意を得た放火

 放火は、社会的法益に対する罪でもある。

 ただし、同意を得ている以上、自己物と同様の扱いとすべきであり、物置であるから、自己所有の非現住建造物等放火罪(109条2項)の構成要件に該当し、周囲の家屋に延焼する具体的な危険性が生じている以上、既遂となる。